天候不順の影響で、野菜の値段が高騰していると連日ニュースで伝えられています。だからといって、食卓に出さないわけにもいきませんし、負担がかからない方法で取りたいですよね。そこで、コスパの良い食材で代用できるコツやレシピを紹介します。

価格が安定した食材を使う

 天候に左右されず価格が安定しているモヤシや豆苗、カイワレ大根、食物繊維やミネラルが取れるキノコ類をたっぷり使いましょう。

▼主食「牛肉とキノコのあんかけご飯」

キノコをたっぷり使うので、ビタミンDが摂取できます

▼主菜「サーモンとキノコのバジルオイル包み焼き」

ケガ予防にもおすすめのレシピです

▼副菜「サラダチキンと豆苗の中華ドレッシングあえ」

豆苗やモヤシはいつでもどこでも簡単に手に入り、たくさん摂取できるので、あと1品欲しいという時にオススメ

野菜加工品を上手に利用

 白菜やニンニク、ニンジンなどが取れる「キムチ」や、栄養価は生のトマトと大きく変わらないと言われている「トマト加工品」も活用できます。

▼主食「スタミナ満点!豚キムチ丼」

バランスの良い体格を作るレシピです

▼ジュニアにも「豚キムチキュウリ」

キムチの汁気を切って使うこと、酸味が気になる場合は製造年月日が新しいものを使いましょう

▼筋力UPも「サケとキノコのトマト風味」

冷めてもおいしく食べられるため、お弁当のおかずにも最適

▼ショウガでぽかぽか「シソ餃子トマトスープ」

缶詰の方が選手には必要なリコピンを多く含んでおり、旨味成分のグルタミン酸も数倍も多いといわれています

<関連コラム>