BMI

BMI(Body Mass Index)は、体重と身長から算出する肥満度を表す体格指数(栄養指数)です。一般の18歳以上が対象で、筋肉量の多いアスリートの指標には用いられません。幼児にはカウプ指数、学童にはローレル指数が用いられます。

空欄に数値を入れて「計算」ボタンを押してください。

身長

cm

体重

kg

計算式

BMI(kg/㎡)= 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

適正体重(kg)= 身長(m) × 身長(m) × 22

計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。
日本肥満学会が定めた基準では、BMIが22になるときの体重が標準体重(普通体重)で、最も病気になりにくい状態だとしています。
25を超えると脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクが2倍以上、30を超えると高度な肥満としてより積極的な減量治療を要するものとされています。

日本肥満学会の肥満度判定基準
BMI 判定
18.5未満 低体重(やせ)
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

※日本肥満学会の肥満度判定基準より

なお、WHO(世界保健機構)の基準では30以上を肥満としています。

WHOの肥満度判定基準
BMI 判定
16未満 やせすぎ(Severe thinness)
16~17未満 やせ(Moderate thinness)
17~18.5未満 やせ気味(Mild thinness)
18.5~25未満 普通体重(Normal range)
25以上 過体重(Overweight)
25~30未満 肥満予備軍(Pre-obese)
30以上 肥満(Obese)
30~35未満 肥満I(Obese class I)
35~40未満 肥満Ⅱ(Obese class II)
40以上 肥満Ⅲ(Obese class III)

※小児や妊産婦、高齢者には該当しません。結果はあくまでも参考です。体重計などの計測ツールによっても誤差が生じます。当サイトを使用した計算結果や情報等に関して、当サイトは一切責任を負いません。