秋から冬にかけておいしくなるサツマイモ。糖質や食物繊維が多く、エネルギー補給や便秘予防に役立ちます。さまざまな調理法で旬の味を楽しみましょう。

皮ごとサツマイモクリームポタージュ

サツマイモを切った時に出てくる白い液体は、ヤラピンという成分で、お腹の調子を整える働きがあります。皮ごとスープにして残さず摂りましょう。

サツマイモとリンゴのオレンジ煮

サツマイモに含まれるビタミンCは、皮膚や粘膜の強化にも役立ちます。でんぷんに保護されているので、加熱による損失が少ないことも特徴の1つ。温めても冷やしてもおいしくいただけます。

野菜ワイングリル

サツマイモを鶏肉と合わせて食べごたえ抜群の主菜に。皮はむかず、なるべく多くの食物繊維やポリフェノールなどの抗酸化物質を摂るようにしましょう。

岩石揚げ

噛みごたえのある食材を取り合わせた岩石揚げ。日頃からよく噛んで食べることで、健康なあごと歯が育ち、スポーツのパフォーマンスアップにもつながります。

揚げないゴマ団子

サツマイモの食物繊維で血糖値を上げにくく、油で揚げないので消化の良い補食です。レンジで簡単に作れます。

ママ特派員のサツマイモレシピ

ママ特派員もサツマイモを日々の食卓に取り入れています。厳選2品を紹介します。

秋においしい「サツマイモご飯」

季節になったら、一度は食べたい炊き込みご飯。サツマイモはたっぷりめがおすすめです。

アスリートも安心!サツマイモをつかったタルトケーキ

フィリング作りもミキサーを使えば手軽。サツマイモのほか、紫イモやカボチャで作っても美味です。

その他の「サツマイモ」レシピはコチラ

関連コラム
気のせいじゃなかった!石焼き芋が甘い理由/キッチンは実験室(19)
皮のすぐ下に便秘解消の成分、皮ごと食べるのがベスト/サツマイモ