レシピ

スピードスケート

男女とも500m、1000mの短距離、1500m以上の中長距離があります。スタートの爆発力や短時間で全力を出し切る瞬発力を高めるため、余計な体脂肪をつけない食事が大事。タンパク質はしっかりとり、疲労回復にもつなげましょう。

おすすめレシピ

  1. スピードスケートレシピ一覧

おすすめコラム

  1. スピードスケートコラム一覧