1. 閉じる

レシピ

牛肉のタリアータ風バルサミコソース

栄養価

エネルギー
383kcal
塩分
3.5g
タンパク質
25.7g
脂質
21g
炭水化物
21.8g
カルシウム
40mg
マグネシウム
55mg
4.1mg
亜鉛
5.3mg
ビタミンA
85μg
ビタミンD
0.1μg
ビタミンE
3mg
ビタミンB1
0.25mg
ビタミンB2
0.47mg
ビタミンB6
0.67mg
ビタミンB12
1.3μg
葉酸
156μg
ビタミンC
81mg
食物繊維
2.8g
  1. もっと見る

材料(2人分

牛もも肉(塊またはステーキ用)
200g
小さじ1/2
黒コショウ
少々
オリーブ油
小さじ2
アスパラガス
4~5本
パプリカ
1/2個
マッシュルーム
5個
オリーブ油
小さじ2
レタス、ルッコラ、水菜など
各適量
ミニトマト
5~6個

A

バルサミコ酢
大さじ3
はちみつ(砂糖でも可)
大さじ1
しょうゆ
大さじ2

作り方

  1. 牛肉は冷蔵庫から出して30分以上置き、室温に戻す。
  2. ①の牛肉に塩、黒コショウをふり、オリーブ油を引いたフライパンに入れ、中~強火でふたをして1分蒸し焼きにする。裏返し、さらに1分蒸し焼きにする(ステーキ用の肉の場合は、蒸し焼きにしなくてもOK)。
  3. 肉を取り出してアルミホイルで包み、しばらく置く(余熱で火が通る)。
  4. ②のフライパンにAを入れて中火で煮立て、軽くとろみがついたら器に入れる。
  5. アスパラ、パプリカ、マッシュルームはそれぞれ適当な大きさに切り、オリーブ油で炒める。
  6. 洗ってよく水けをきったレタス、ルッコラ、水菜など(何でもOK)を器に敷き、食べやすく切ったミニトマトを散らし、その上に⑤の野菜を盛る。
  7. ③の肉を好みの厚さ(薄めがおすすめ)のそぎ切りにし、野菜の上に盛りつけ、④のバルサミコソースをかける。

【提供】KAGOSHIMA食×スポーツ/管理栄養士・今村佳代子

KAGOSHIMA食×スポーツ

鹿屋体育大学講師の長島未央子ら鹿児島が拠点の管理栄養士、公認スポーツ栄養士5人が中・高・大学生アスリートのパフォーマンス向上の秘訣を伝える。今村佳代子は鹿児島純心女子大学講師。川口郁子は高校で小児栄養の授業などを担当。田畑綾美、久永まゆみは時短レシピも紹介。鹿児島ならではの情報も。

  1. 新着レシピ一覧