筋肉は、合成と分解を繰り返して作られています。筋肉の材料となるタンパク質は、一度にまとめてではなく、分けて摂ると効率よく合成されることがわかっています。

タンパク質は、動物性(肉、魚、卵、乳製品)と植物性(大豆製品)を2:1でとるのが理想とされています。今回の献立のように、主菜を肉にしたら、副菜や汁物には大豆製品を使うようにすると簡単です。

食品により、タンパク質を構成するアミノ酸の種類が異なります。さまざまな食品からタンパク質を摂るようにしましょう。

<主菜>チキンのカレー風味漬け焼き
<副菜>豆腐とワカメのサラダ~タマネギとニンジンの酵素ドレッシング
<汁物>根菜汁
<主食>ご飯
<乳製品>ドリンクヨーグルト
<果物>はっさく

次のページレシピの解説と栄養価はこちら