スポーツに励む子どもを持つ保護者の皆さんは、平日だけでなく、休日もフル回転で大忙し。そんな皆さんのために、切って、炒めて、味つけするだけと簡単で、ボリューム満点のレシピを紹介します。自炊している選手もレパートリーに加えると便利です。子どもも大人も次の日に疲れが残らないよう、豚肉を使ったメニューでしっかりリカバリーしましょう。

体格キープ☆チャンプルー

練習量や試合数が減っている中でも、筋肉量や体脂肪率をキープするためのスペシャルレシピ。植物性と動物性、両方のタンパク質が摂れます。

ボリューム満点ニラ豚玉

糖質からエネルギーを作り出す時に必要なビタミンB1と、ビタミンB1の吸収を高めるアリシンが摂れる組み合わせです。ニラにはアリシンのほか、ビタミンEやビタミンB2も多く含まれています。

豚肉とキュウリの梅肉炒め

梅干しは、エネルギー供給に重要な栄養素である鉄の吸収を高めることから、疲労回復効果があるといわれるクエン酸を含んでいます。キュウリは体のほてりを取る働きがあります。サラダなどの生食だけではなく、加熱調理にも活用しましょう。

木綿豆腐とひき肉のみそ炒め

豆腐や桜エビからカルシウム、マイタケからカルシウムの吸収を高めるビタミンDが摂れるレシピ。骨を強くして筋肉を作りたい成長期にはうってつけのメニューです。

洋風肉じゃが

いつもの肉じゃがにトマトケチャップをきかせて食欲増進。お弁当にもおすすめです。

その他、10分以下で作れる豚肉の主菜レシピ