スポーツに励む子どもを持つお母さんは、平日だけでなく、休日もフル回転で大忙し。そんなお母さんのために、材料を切って、炒めて、味付けするだけの、簡単でボリューム満点のレシピを紹介します。自炊している選手もレパートリーに加えると便利です。子どもも大人も次の日に疲れが残らないよう、豚肉を使ったメニューでしっかりリカバリーしましょう。

コンディショニングポテト

トースターでフローズンポテトを焼いている間に、肉や野菜の下ごしらえから炒めるところまでできます。調味料の量が覚えやすく、1人暮らしの選手でも簡単に調理できます。

パワー復活☆回鍋肉丼

ご飯の炭水化物+豚肉のビタミンB1+ネギとニンニクのアリシンのコンビネーションが、疲労回復に役立ちます。さらに抗酸化パワーの高い緑黄色野菜のピーマン、パプリカでリカバリーを後押し。ゴマ油、ニンニク、豆板醤、甜麺醤を加えて、疲れて食べる気力がない時でも、ご飯がすすむように味付けしています。

豚ももとマイタケのナンプラー炒め

キノコ類に多く含まれているβグルカンという成分は、免疫力を強化する働きがあり、体調を崩しやすい時期に最適な食材です。マイタケに含まれるタンパク質分解酵素は肉をやわらかく仕上げてくれます。

簡単スタミナ豚丼

糖質からエネルギーを作り出すときに使われるビタミンB1 、脂質や糖質、タンパク質をエネルギーに換えるときに働くビタミンB2を多く含んだメニュー。市販のたれを使っているので簡単に作れ、自炊している選手にも重宝するレシピです。

切り干し大根のソース炒め煮

あと1品足したい時に便利な副菜。切り干し大根30g分(乾燥重量)のカルシウムは、普通牛乳140mlに相当し、さらにカルシウムを補う意味で桜エビも加えています。

その他の「豚肉」レシピ一覧はこちら