帰宅時間が遅くなった時でも、消化が良く、内臓に負担がかからないメニューで、しっかり栄養を摂りましょう。寒くなるこれからの季節におすすめの、体が温まる夜食向けのレシピを紹介します。

ミルクにゅーめん

豆腐や卵、にゅうめんは消化が良く、遅い時間の食事におすすめ。スープをミルク仕立てにし、カルシウムをとれるようにしています。

ミルクにゅーめん

豆腐とナメコの卵とじ丼

ご飯と豆腐を合わせることで、互いに足りないアミノ酸を補ってバランスがよくなります。豆腐に含まれるビタミンB群が、ご飯の糖質の代謝を助けます。

豆腐とナメコの卵とじ丼

鶏肉と春雨のとろとろスープ

汁物は疲れていても食べやすく、とろみをつけることで満足感もアップします。鶏肉は脂質が少なく、胃腸に負担をかけにくいむね肉やささみに。春雨は食物繊維や脂質が少なく、消化が良い食品です。

鶏肉と春雨のとろとろスープ

カブの豆乳がゆ

豆乳とささみを加えてタンパク質を補給。とろりとしたご飯とカブが体を温めます。消化が良くエネルギーになるのも早いので、夜食はもちろん、朝食や体調がすぐれないときにも向いています。

カブの豆乳がゆ

けんちん風うどん

豚肉、野菜を煮込み、うどんを加えたけんちん風うどん。キノコやゴボウなど食物繊維の多い具材を使わず、お腹に優しく仕上げています。

けんちん風うどん

<関連コラム>
部活や練習で帰宅が遅くなった時の夕食、何をどう食べるか
食べられない時、食べる時間がない時、夜遅い時間の食事のポイント