ケガをしにくい体を作るために骨を強化しようと思うとき、まず頭に浮かぶのはカルシウムですね。

牛乳やヨーグルトといった乳製品には良質なタンパク質とカルシウムが多く含まれますが、苦手な人にはスキムミルクがおすすめ。大さじ2杯で牛乳コップ1/2杯、ヨーグルト100gとほぼ同等のカルシウムが摂れます。

大袋入りだけでなく、大さじ1杯分ずつなどの個包装タイプもあるので、好みで使い分けも可能です。牛乳好きでも食べたくなる、スキムミルクを使ったレシピを紹介します。

ピーマンが苦手でも食べやすい「スキムミルク入りピーマンの肉詰め」

サバや切り干し大根といった和の素材が、洋風の味わいに大変身「カレー味のサバの炊き込みご飯」

試合前日のお弁当としてもおすすめ「ナスとパプリカのひき肉カレー」

野菜の中でもカルシウムが多いキャベツを使った「カルシウム強化ロールキャベツ」

成長期や減量中の選手にもおすすめ「アスリートミルク寒天」

その他、スキムミルクに関するコラム&レシピはこちら