自律神経とは、体温調節、呼吸、消化吸収を無意識に調節している神経です。寒かったり暑かったりすると、自律神経が不安定になり、イライラしたり、不安になったり、気力の低下が表れることも。さらに、免疫力の低下やアレルギー症状も引き起こしやすくなるので、注意しましょう。自律神経を整えるレシピを紹介します。

GABA豊富なトマト

トマトに多く含まれているGABA(γ-アミノ酪酸)は、自律神経の乱れを正す手助けをする効果があることで注目されています。「トマトとシラスのさっと炒め」はリラックス効果が高く、短時間で作れます。

「トマトとシラスのさっと炒め」

体を温める

体を冷やさないことも大事なことの1つ。てんさい糖は、寒冷地(北海道)での生産で、土の中でできる作物のため、体を温める作用があります。てんさい糖を使用した「卵も乳も小麦も使わないフレンチトースト」はおやつや、パーティーなどで喜ばれるレシピです。

「卵も乳も小麦も使わないフレンチトースト」

腸内環境を整える

自律神経と腸は、お互いに影響し合っているため、腸内環境の状態が悪ければ、自律神経のバランスも悪くなります。「レンジで簡単たっぷり蒸し野菜」でたくさん食物繊維を摂り、腸内環境を整えましょう。

「レンジで簡単たっぷり蒸し野菜」

胃腸の働きを促進

「もずくの梅スープ」で朝から汁物を飲み、体を温めましょう。梅はクエン酸が多く、胃腸の働きを促進します。胃腸の消化機能がしっかり動くと、自律神経の働きも良くなります。

「もずくの梅スープ」