お子さんは、試合に向けてピーキング(狙った試合に向けてコンディションを調整すること)をしたことがあるでしょうか? 高校生になると、ピーキングのためにテーパー(テーパリング=試合前の練習調整)をするのが当たり前でしょう。

小学生や中学生だと、試合前のテーパーをしたことがないかもしれませんが、その年代でテーパーをしても、調整不良になる場合があります。その原因は何だと思いますか?

根本的な原因は「食事や睡眠のような基本的な生活面」にありますが、調整を失敗したと思うと、それ以外のところから理由を探してしまいがちです。また、タイムが出なかったのも、何か1つを理由に挙げたくなりますが、原因は基本的なことだったり、いくつかの出来事が絡み合ったりしている場合が多いのです。

つまり、他に原因があるなら、それを早く見つけるためにも、基本的な食事や睡眠を家庭でしっかり整える必要があります。特に、睡眠不足や不規則な食事時間は、それだけで体のリズムを壊し、自律神経系に影響し、原因の分からないコンディション不良を起こします。

エネルギーをしっかり蓄えたい試合前に「豚肉のハニーマスタード焼き」

今回紹介するのは「豚肉のハニーマスタード焼き」です。アスレシピをご覧の皆様は、豚肉を利用したレシピが多いことにお気づきだと思いますが、試合前も豚肉に含まれるビタミンB群を十分に補給して、エネルギーを作る体にします。

また今回は、調味料としてハチミツを使用しています。ハチミツは、単糖類という素早く体に吸収される糖類のブドウ糖・果糖を多く含み、スポーツドリンクにも使用される甘味料です。ハチミツとマスタードは味のコラボレーションも良いのでご飯も進みますね。

食事や睡眠の小さな努力もクセにしてしまえば、習慣になり、当たり前になります。おいしくしっかり食べるクセは、早いうちにつけてしまいましょう。

管理栄養士・松田幸子