<夏の高校野球地方大会(4)>

全国高校野球選手権大会に出場する全49校が出そろいました。各地方大会で熱戦を繰り広げ、日頃から食トレや増量などに励んできたチームを紹介します。

埼玉・山村学園

山村学園対大宮東 2回から登板した山村学園のエース和田(撮影・佐藤成)

エースの左腕・和田朋也投手(3年)は、55キロしかなかった中学3年から高校入学までに食事改善で20キロ増量。さらに高校3年間でも9キロ増量し、下半身を重点的に鍛えました。

福岡・西日本短大付

5回戦で今夏初アーチを打った3番今村。衰え知らずのパワーは夜の補食にある

同校の選手たちの太ももはパンパン。スイングの速さや体つきは、県内トップレベルだと言われています。猛暑でもパーフォーマンスが落ちないスタミナは、補食、休養、夜食の摂り方のようです。

東東京・日大豊山

関東第一対日大豊山 先発し力投する日大豊山・瀬崎(撮影・加藤理沙)

昨夏に敗れた関東第一にリベンジできませんでしたが、エース瀬崎絢投手(3年)を支えてきたのは、小学校時から試合日に食べてきた「お父さんの手作りオムライス」でした。

埼玉・昌平

聖望学園対昌平 8回表聖望学園の攻撃を抑え笑顔でガッツポーズする昌平・米山(撮影・鈴木正人)

プロ注目の左腕・米山魁乙投手(3年)は、オレンジジュースや嫌いな野菜もしっかり食べて念入りにコンディション調整してきました。5回戦では、自身の最速を144キロに更新しました。

次のページ大船渡・佐々木朗希選手の母、これまでの日々を回想