<バランスのよい組み合わせ(4)>

 コラーゲンはタンパク質の一種で、人体を構成する重要な成分の1つ。捻挫やつき指など関節、腱(けん)靱帯(じんたい)を痛めた場合はコラーゲンと、体内のコラーゲン合成に不可欠なビタミンCを意識的に摂り、回復力を高めましょう。ケガ予防にも効果的です。

主菜

 手羽肉はタンパク質、コラーゲンを多く含んでいます。酢に含まれる酢酸は体内でクエン酸に変化し、コラーゲンの吸収を高めるといわれています。

「鶏手羽中の黒酢炒め」。冷めても美味しく食べられるのでお弁当にもオススメ

副菜

 副菜にはビタミンCが多いレシピを選びましょう。

「パプリカと切り干し大根のシャキシャキマリネ」は、1日分の摂取推奨量のビタミンCを摂ることができます

デザート

 コラーゲンとビタミンCたっぷりのフルーツゼリーでリフレッシュ。

フレッシュフルーツをゼラチンで固めた「フルーツゼリー」

※体格や練習量、その日のコンディションで量や品数を調整してください。

※主菜、副菜、デザートの他に、ご飯、汁物、乳製品を加えて、基本の6品目に揃えましょう。

レシピの見方・基準