春は野菜売り場が華やかになります。これから旬になるのは、アスパラガス。普段、私たちが食べている茎のように見える部分は、春先に出てくる芽の部分です。植物の生長点である芽の部分は、これから大きく育つために必要なエネルギーをたくさん蓄えているので、栄養素が詰まっているのです。

特に有名なのはアミノ酸の一種である「アスパラギン酸」。運動などで体内に発生した乳酸を分解し、疲労回復を助けてくれる上に、糖質の代謝を促進させてくれます。

アスパラガスのリゾット

今回は、そんなアスパラガスを使った「アスパラガスのリゾット」を紹介します。

アスパラガスに含まれる水溶性の栄養成分を逃さないよう、アスパラガスをゆでたお湯をお米に含ませながら炊いていきます。柔らかくなったアスパラガスは消化にも良く、体のだるさがとれやすくなります。

穂先詰まり根元割れていないもの

ここで、鮮度の良いアスパガラスの選び方や保存法をお伝えします。まず購入する際は、なるべく真っ直ぐ伸びているものを選びましょう。穂先が詰まっていて開いていないものが、鮮度が良く、栄養価が高い証拠です。また、根元を必ずチェックし、できるだけみずみずしいものを選びましょう。しなびていたり、割れたりしているものは、収穫してから時間がたっているので気を付けて。

購入してから野菜室で保存する時は、新聞紙や黒っぽいビニール袋に入れて遮光し、立てておきましょう。といっても、できるだけ早く食べた方が栄養素を逃しません。覚えておくと便利な方法、ぜひお試しください。

料理家・山内千夏