低脂肪で高タンパク、また近ごろ、疲労回復や抗酸化作用が期待できるとされる成分、イミダペプチドを豊富に含む鶏むね肉は、加熱するとパサつきがちですが、ちょっとした工夫で柔らかく仕上がります。例えば、縮んでしまう肉の繊維を断ち切ってから加熱すると硬くなりにくいので、細かくカットするのは効果的です。包丁でたたいたり、フードプロセッサーを使ってみたりするのも良いでしょう。

鶏むね肉とエノキのミートソース

今回は、うま味成分グアニル酸を含むエノキと、グルタミン酸を含むトマトを合わせて作る「鶏むね肉とエノキのミートソース」を紹介します。

エノキは、疲労回復に役立つあるビタミンB1やB2が豊富です。また、βグルカンという食物繊維は免疫作用に効果があると言われています。疲労が蓄積すると免疫力も弱まるので、免疫力アップはうれしい効果ですね。

エノキは冷凍すると、細胞壁が破壊されて吸収されやすくなるので、あらかじめ、使いやすいサイズに切って冷凍保存しておきましょう。炒め物やみそ汁など、気軽に使えるうれしいキノコ類を日々の食事にプラスしてみてください。

料理家・山内千夏