もうすぐクリスマス。街のショーウインドーも華やかで、とても楽しい季節です。カトリックの国、イタリアでは25日のクリスマス当日は家族みんなで厳かに過ごします(※)。

日本では、クリスマスイブにチキンやクリスマスケーキを食べる家庭が多いと思いますが、イタリアでは今でも、肉を食べずに魚を食べる家庭が多く存在しています。そんなイタリアの手間いらずのパスタ料理「サーモンクリームパスタ」を紹介します。スモークサーモンを使ったレシピです。

スモークサーモンを使った手間いらずのパスタ料理「サーモンクリームパスタ」

サケはタンパク質が豊富な上、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸を含んでいます。EPAやDHAなどオメガ3と呼ばれる脂肪酸は、身体の細胞が正しく活動するために必要不可欠なものですが、人間の体内では合成されない成分なので、食事で摂るしかありません。

オメガ3系脂肪酸にアスタキサンチン

また、サケの色が赤いのはアスタキサンチンという成分で、抗酸化力があります。運動により体内には活性酸素が発生しますが、アスタキサンチンなど抗酸化作用の強い食品を摂取することで除去できると言われています。

スモークサーモンは、サケを塩漬けしてから薫製をかけているので、家庭で加熱せずに食べることができるのでとても便利な食材のひとつ。クリーミーなチーズと合わせれば、簡単にパスタソースが作れます。

チーズは、最近ではスーパーでも手に入りやすくなったマスカルポーネチーズを使いましたが、柔らかいタイプのクリームチーズなどで代用も可能です。ゆでたパスタと合わせるだけで、味も楽に決まります。クリスマスの食卓や、年末年始の忙しいひとときに、ぜひお試しください。

料理家・山内千夏

<関連コラム>