もうすぐクリスマス。街のイルミネーションが美しく、楽しい気分になりますね。カトリックの国イタリアでは、12月初めから1月初めにかけて、1カ月間のクリスマス期間をとても大切に過ごしています。

 イタリアのクリスマス期間は、インマコラータの日(聖母無原罪の御宿りの日=イエス・キリストを身ごもった聖母マリアに因む日)の12月8日から始まります。この日になると、カトリック教徒の家々ではクリスマスの飾りをつけたり、プレゼピオと呼ばれるキリスト生誕の様子を表現する人形たちを飾ったりしてお祝いします。

 クリスマスが過ぎるとすぐに正月飾りに変える日本とは違い、年末年始を超えて1月6日まで飾られます。つまり、イタリアでは1月6日までがクリスマス期間なのです。

 また多くの家庭ではこの期間、昔から伝わる郷土料理や郷土菓子を楽しみます。いつもは手間がかかりすぎてなかなか作らない料理も、家族が集まるこのシーズンには欠かさず食卓に上ります。おせち料理を楽しむ日本の習慣とそっくりですね。

ラザニアシートで作る筒型パスタグラタン

クリスマスの季節によく作られるイタリアの家庭料理「カネロニ」

 さて今回は、この季節によく作られるイタリアの家庭料理「カネロニ」を紹介します。市販の乾燥ラザニアシートを使って作る、いわばラザニアの親戚のようなもの。ラザニアシートをゆでて柔らかく戻した後、具を包んで筒状にし、耐熱皿に並べてソースをかけて焼き上げる、まさにぜいたくなグラタンのような料理です。

筒状で取り分けやすく、人が集まるときには重宝するカネロニ

 筒状なので取り分けやすく、人が集まるときには重宝します。トマトソース、ホワイトソース、チーズを使っているので子供はもちろん、大人も大好き。少々手間はかかりますが、手作りの味は特別なもの。クリスマスシーズンならではの、イタリアの家庭料理を楽しんでみてください。

【料理家・山内千夏】