<卓球選手におすすめのレシピ>

 ロンドン五輪では女子団体で銀メダルを獲得し、リオでもメダル獲得が期待される卓球は、瞬発力+持久力と両方が必要な競技です。1日の試合回数が多いこともあり、集中力をキープすることがとても重要です。

 体のキレを良くして、集中力を持続させる力をつけるためには、良質な油脂、特にオメガ3脂肪酸の摂取が大切です。オメガ3脂肪酸とは、サバなどの魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸のことで、意識して摂るべき必須脂肪酸です。

 また、アボカドに含まれる良質な脂質とビタミン、ミネラルは炎症を抑え、ケガ予防や筋肉の回復を助けてくれます。トマトとレモンに含まれるビタミンCは疲れた体を癒し、クエン酸は胃腸の働きを助けてくれます。

2015年2月の卓球ジャパン・トップ12大会の女子シングルスで優勝した平野早矢香さん

 ロンドン五輪女子団体のメンバーだった平野早矢香さんも、オメガ3脂肪酸を特に意識して摂っていました。「マイエゴマ油」を持参して、いつもサラダにかけていたり、アボカドとトマトのサラダを自分で作ったり、疲れているときにはレモン水やしそ茶を摂ったりするなど工夫していました。

 平野さんは、オメガ3脂肪酸を摂取するようになってから、普段の体調がさらに良くなり、肌荒れがなくなり、体が絞れてきました。

しめさばとアボカドの和風カルパッチョ

 そんなオメガ3脂肪酸やクエン酸がたっぷり摂れる簡単レシピ「しめさばとアボカドの和風カルパッチョ」を紹介します。