いよいよ大きな競泳の試合が行われる8月になりました。また今月は、いつもと違う場所のプールに行って、合宿をすることもあるでしょう。

 普段から食欲旺盛なお子さんは元気に帰ってくることが多いですが、食の細いお子さんや、宿舎の食事量が練習と見合っていないと、知らず知らずのうちに体調が崩れ、帰宅したときには夏バテで食欲がわかない状態になっています。

 宿舎の食事(献立)を、クラブと連携する公認スポーツ栄養士や管理栄養士が調整した場合は回避できると思いますが、全体的に合宿時の食事は野菜料理が少なく「ガッツリ」したメニュー。野菜量が少ないため、必要なビタミン類が摂取しづらい状態です。

 さらに、主食はほぼ毎食、ご飯が提供されます。今はパン食を好むお子さんも多いため、主食がご飯だと苦痛に感じ、実際は食べられるのに食べずに過ごしてしまうという悪循環が生まれます。

 お子さんによっては、このような合宿環境により、エネルギー不足やビタミン不足になる恐れがあることを覚えておくといいでしょう。

夏が旬のアボカドを使った「食欲増進!アボカドとベーコンのコク炒め」

 今回紹介するレシピは、夏が旬のアボカドを使った「食欲増進!アボカドとベーコンのコク炒め」です。

 旬の食材は栄養価が高く、味もしっかりしています。アボカドの脂肪酸の80%は不飽和脂肪酸。不飽和脂肪酸には人が体内で作ることができないため、食材から摂らなければならない必須脂肪酸が含まれます。「脂肪」は摂らない方がいいと思う方もいるでしょうが、脂肪酸はエネルギー源、細胞膜成分、脳などの神経組織成分になるため、育ち盛りのお子さんには欠かせない栄養素です。

サンドイッチの具材にしても食べやすい

 この「食欲増進!アボカドとベーコンのコク炒め」は、主食がパンでもご飯でも食が進みます。パンの場合はオープンサンドやサンドイッチの具材にしてもいいですね。お子さんが食べやすいようにご家庭でアレンジしてください。

管理栄養士・松田幸子