みなさま、はじめまして。昨シーズンまで2年間、アメリカでNFLニューオーリンズ・セインツのチアリーダーとして活動した松崎美奈子です。

 元々管理栄養士として国内でスポーツ選手やチームの栄養サポートをしていましたが、アメリカでもアスリートの食文化に多く触れてきたので、そこで学んだことを伝えていきたいと思います。私が現地で実際に食べていたものや、ジュニアアスリートにおすすめしたいメニューなど、「アメリカンなハッピーメニュー」を普段の献立に取り入れていただけたら、うれしいです。

 さて、突然ですが「アメリカンな食事」といえば、どんなメニューを思いつきますか? ステーキやハンバーガーなどのボリュームある肉メニューなどでしょうか?

 実は、そういったパワフルメニューに加えて、スポーツ大国アメリカならではのアスリートに良い食材やメニューの工夫などもたくさんあるんですよ。

チアリーダーにとっても食事は土台

 NFLチアリーダーとして活動していた私にとって、食事はとても大切なものでした。練習でチームのダンスを踊りこなし、試合で多くの皆さまに最高の演技を披露するために、強くて柔軟性のある健康的な体を作る「土台」でした。

 また、試合を観戦に来たファンの方々や、その日出会って笑顔を交わした街の人たちに幸せな1日を過ごしてもらえるように、いつも心が満たされた状態でいるための大切な要素でもありました。

レモンで余分な体脂肪の増加を防ぐ

「サーモングリルのレモン添え」。レモンには血糖値の急激な跳ね上がりを抑える効果があります

 今回紹介するのは、アメリカでも頻繁に食されているサーモンを使った簡単レシピ「サーモングリルのレモン添え」です。ご存知の通り、サーモンはタンパク質が豊富で、アスタキサンチンという強い抗酸化成分を含むことから、ハードなトレーニングや練習で疲労した体のケアにとても役立ちます。ジュニアアスリートにとって、筋肉の材料となるタンパク質をしっかり摂取することは成長のみならず、パフォーマンスすべてのベースになります。

 ここで、レモンについてワンポイントアドバイス。レモンには血糖値の急激な跳ね上がりを抑え、余分な体脂肪の増加を防ぐ効果があるので、運動量が下がるオフ期やケガをしている時、また減量中の選手にもおすすめですよ。ぜひ、参考にしてくださいね。