いまや毎日の調理に食品包装用ラップ(以下、ラップ)は欠かせません。冷凍・冷蔵保存をする際にも使い、そのまま解凍したり、電子レンジで温めたりすることもありますよね。

レンジ加熱した時、「ラップが溶けてしまった」という経験はありませんか? 実はラップには素材ごとに特徴があり、耐熱温度も異なります。それぞれの特徴を知り、正しく使っていきましょう。

ラップの素材は主に3種類

まず、家庭用のラップは主に次の3種類の素材に分けられます。

(1)ポリ塩化ビニリデン製

特徴:においや湿気、酸素を通しにくい。乾燥を防ぎ、みずみずしさを保つ。密着性が高い。価格はやや高め。

(2)ポリエチレン製

特徴:最も価格が安いのが強み。「無添加」であることをアピールしている商品もある。酸素を通しやすいのが弱点。

(3)ポリ塩化ビニル製

特徴:よく伸びて容器に密着しやすく、液体も漏れにくいのでラーメンの出前などに使われている。酸素や水分は通しやすい。

ラップのパッケージに、それぞれの原材料名が記載されている。上からポリ塩化ビニリデン製、ポリエチレン製、ポリ塩化ビニル製

電子レンジで使えるラップの耐熱温度

温める食品や時間、ワット数にもよりますが、電子レンジで温めると庫内は100度以上になることもあります。これらのラップは、その高温に耐えられるのでしょうか。

「ご家庭の電子レンジの取り扱い説明書を見てみてください。そこに使えるラップの耐熱温度が書いてありますよ」と、サランラップを販売する旭化成ホームプロダクツの根岸久美子さんが教えてくれました。

見てみると、確かにありました。

「ラップは耐熱温度が140度以上のものが使えます。
※ただし、砂糖・油分の多い料理など、高温になる食品には使えません」

電子レンジの取り扱い説明書に書かれているラップの耐熱温度

家電製品の安全啓発を推進する日本電気工業会のホームページにも同様の記載があるように、この温度は一律で定められているものです。

ラップの素材別の耐熱温度は、ポリ塩化ビニリデン製が140度、ポリエチレン製が110度、ポリ塩化ビニル製が130度。つまり、電子レンジで温める時にポリ塩化ビニリデン製ラップ以外のものを使うと、耐熱温度を超える可能性があるのです。

次のページラップが溶けたら悪いものが発生するのか