暦の上では秋ですが、8月下旬になってもうだるような暑さが続くところが多いですね。地域によっては、風あたりや朝晩の気温差から秋の訪れを感じている方もいることと思います。

夏から秋に変わる頃に体調を崩す方は、「秋バテ」の可能性があります。実は、夏バテだけではなく、秋バテにも注意を払う必要があるのです。

・厳しい暑さが続き、急に朝晩と日中の気温差が大きくなって変化についていけない
・冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎや強い冷房で体の冷え
・高温続きのストレス

などで、秋バテになりやすいと考えられています。

特に、体の冷やし過ぎは自分が気づいていないところで進んでいることもあります。上記の生活が続くと自律神経も乱れやすくなり、食欲不振や体温調節が難しくなります。アレルギーの観点では、自律神経の乱れから免疫力低下により、症状を助長させやすくなります。

食欲のない時に食べやすく、冷たい飲食物で冷えた体を温める「オクラとネギとショウガのトロトロスープ」

今回は、食欲のない時に食べやすく、冷たい飲食物で冷えた体を温める「オクラとネギとショウガのトロトロスープ」を紹介します。ショウガやネギは体を温める作用のある野菜です。また、オクラを刻んで混ぜているとネバネバしてきますね。このネバネバの正体は食物繊維であり、胃腸を整える作用があります。オクラやミニトマトには貧血予防や血液サラサラ効果を得やすい葉酸が含まれています。

今はまだ、熱中症や夏バテ予防に意識が向けて、クールダウンのために冷たい飲食物を適度に摂取することも必要です。気温が下がり、秋らしい気候になってきたら、体を冷やさないことにも注意を払いましょう。

管理栄養士・乳井美和子、小高鏡子