スポーツ栄養サイト「アスレシピ」は24、26日にアスレシピセミナー「アスリートの食事・実践編第2回」を東京・築地の日刊スポーツ新聞社で開催。当サイトでコラムを執筆する管理栄養士の石村智子さんが講師を務め、スポーツを頑張る子どもを持つ母親、栄養指導者らが参加した。

講師の管理栄養士・石村智子さん

同セミナーは3回シリーズの第2回で、今回はアスリートに多く見られる「スポーツ貧血」を中心に講義、ワークショップが行われた。

特に成長期のアスリートは鉄不足になりやすく、不足するとパフォーマンスにも影響が出てくる。「うちは男の子だからあまり気にしていなかったけれど、思い当たる症状があるかも」という参加者の声に、石村さんは「お子さんのサインを見逃さないことが大事です」と話した。

グループワーク風景(10月24日)

ワークショップでは、グループごとに貧血予防を意識した夕食と朝食の献立を考案。鉄や、鉄の吸収をUPさせる栄養素などが含まれた主菜や副菜、汁物などのメニューが発表された。他のグループの献立を熱心にメモする参加者の姿も多く見られた。

グループで作った献立を発表(10月26日)

石村さんは「お子さんをサポートする最終目標としては、選手が1人立ちした時に、自分で健康管理・食事管理ができるようになっていること。それには基本の食事の形を毎日続けることが大切です」と話した。

同講座は3回シリーズの集大成として第3回を来年2月に開催する。日程は2020年2月13、15日の各2日間で、現在、申し込みを受付中。

スポーツに励むお子さんの食事をより良くしたい方、スポーツ栄養について学びたい方、一緒に知識を深めていきましょう。

10月24日開催のセミナー参加者と石村さん(前列左から4番目)

10月26日開催のセミナー参加者と石村さん(前列左から2番目)

参加者へサンプリングで配られた「くだもの屋さんのやわらか大粒プルーン」(協力=デルタインターナショナル)

<協力>デルタインターナショナル

<第3回>
・2020年2月13日(木)午後1時~3時
・2020年2月15日(土)午前10時~正午

問い合わせアスレシピセミナー事務局