アスレシピは26日、「熱中症予防・水分補給」をテーマにしたスポーツ栄養講座を東京・恵比寿のクックパッド本社で開催。スポーツを頑張る中高生の保護者ら27人が参加した。

 講師は、当サイトでコラムを執筆する管理栄養士の園部裕美さん。アスリートのための水分の摂り方と題し、脱水症状の見極め方や運動前後に必要な水分と詳しい摂取の仕方などを講義した。

講師の管理栄養士園部裕美さん

 また、暑い時期に食欲が低下した時の対処法やおすすめ料理、手作りドリンクのレシピも紹介。参加者からは「なかなか聞くことができない水分補給の知識を得ることができ、たいへん参考になった」などの感想が寄せられた。

会場からは次々と質問が

夏の水分補給は「温度」も大切

 今セミナーに特別協賛したサーモス株式会社からは、気温31℃および35℃の環境下で、最もパフォーマンスが向上した水分温度を調べた実験結果をもとに、スポーツ時の水分補給には5℃から15℃が最適と提案。適温を保つおすすめ製品やメンテナンス方法が紹介された。

 中でも、ボトルの蓄積汚れを3分でピカピカに洗浄できる「マイボトル洗浄器」の実演映像では、汚れの落ち具合に会場から大きな歓声があがった。

 人気のサーモス製品が当たる抽選会も実施。注目されたマイボトル洗浄器のほか、真空断熱スポーツジャグ、氷を持ち運べるアイスコンテナーがプレゼントされた。

会場に展示されたサーモス製品

 アスレシピでは、今後もさまざまなテーマでセミナーを開催していく。

本日の協賛品。写真左から「アーモンド・ブリーズ」「アーモンド効果」「アクアソリタ」

<協賛>ポッカサッポロフード&ビバレッジ、江崎グリコ、味の素
<協力>クックパッド