新学期が始まり約1カ月、慌ただしい時間を過ごしたのではないでしょうか。私がサポートしている選手の中にも、この春から自炊を始めた選手が多く、料理に悪戦苦闘しています。

今回は、1人暮らしで自炊をする選手にも、日頃忙しい保護者の方にも役立つアスリートメニューを紹介します。1品で主食、主菜、副菜がそろい、15分で完成する「和風の時短パスタ」です。

エネルギー源となる主食のパスタは乾麺を使用しますが、「早ゆで」などとパッケージに書いてあるものを選ぶといいでしょう。ゆで時間残り1分となったところで、鍋に副菜となるブロッコリー、シメジ、タマネギを入れてしまい、野菜も一緒にゆでて「時短」とします。

軽くゆでた野菜はフライパンでさっと炒め、コンソメなどで味を調整。パスタと絡めて盛り付けます。主菜のタンパク質源、鶏そぼろ、錦糸卵は市販の調理済みのものを使うので、これらをトッピングすれば出来上がりです。

和風の時短パスタ

緑黄色野菜のブロッコリー、ミニトマトはカロテンも多く、皮膚や粘膜の健康維持に効果があります。また、ブロッコリーはビタミンC、トマトにはリコピンも入っており、手早く簡単にできるメニューながら、多くの栄養素を含んでいます。

味付けも、脂質が少ない和風仕上げなので、体重が気になるお母さま方も安心して食べられます。ぜひお試し下さい。

管理栄養士・山口美佐