テニスの4大大会、全豪オープン女子シングルスで日本人として初優勝した大坂なおみ選手が、一夜明け会見で「今食べたいものは?」との質問に、「カツ丼アゲイン!」と答えたのをご存じの方は多いでしょう。

大坂選手は、2016年5月の全仏オープンから全豪オープンまで10キロも減量。11月からカツ丼を食べていなかったとのことですが、その理由は分かりますか?

大好きなものは、一口食べると止まらなくなってしまいがち。それを我慢して、試合が終わってからの「ご褒美」にすることで、厳しい戦いを頑張れるのかもしれませんね。

食事は毎日の積み重ね。コツコツ続けることで自信が生まれ、試合時のピンチでも勝ち抜ける、頑張れるパワーにつながります。また、試合までの日程を逆算し、今、何を食べたら良いか、考えることも重要です。

試合後のご褒美丼「カツ丼アゲインOK丼」

今回は、試合後のご褒美丼「カツ丼アゲインOK丼」を紹介します。

試合が終わったとしても、ヒレ肉を使うなどし、脂質はできる限り抑えましょう。衣はつけますが、油で揚げるのではなく、少量の油で表面を焼き、ふたをして蒸し焼きにしたものを卵でとじたヘルシーな一品です。ご飯の量は、練習期、試合前、試合期間中などで分量を調整してください。

管理栄養士・山口美佐