小、中学生のジュニア選手の試合会場では、補食や昼食用にお菓子をたくさん持参し、スナック菓子などを交換する選手が少なくありません。選手本人も「お菓子はいけない」と頭では理解していながら、「みんなも食べているからいいじゃない」と悪気なく食べてしまっているのが実状のようです。

身長を伸ばすために

テニスの試合会場でスナック菓子を食べていた選手に、こんな話をしました。

「身長を伸ばしたい? 身長が高いと、サーブも強く上から打てるようになるよね」

そして、どうしたら身長を伸ばせるか、骨を強くできるかを選手の目線に立って、以下のように説明しました。

「骨を強く成長させるためには、カルシウムが必要。カルシウムは牛乳やヨーグルトにたくさん入っているけど、スナック菓子を食べてしまうと、カルシウムが体の中に入るのを邪魔してしまうんだよ。せっかく牛乳を飲んでも吸収されず、なかなか大きくなれなかったら、もったいないよね」

選手は理解してくれたのでしょう。「今日はスナック菓子をやめて、干しイモにしました」といった報告が来るようになりました。うれしいですね。

試合や練習会場でも簡単に食べられる「筋肉・骨・血液強化のための万能サンド」

今回は、試合や練習会場でも簡単に食べられる「筋肉・骨・血液強化のための万能サンド」を紹介します。

ささみとチーズの「筋肉強化サンド」

選手が必要とする糖質(パン)、乳製品、果物を入れて消費エネルギーを補い、筋肉強化、骨強化、血液強化にもなる補食です。

果物と乳製品の「骨強化サンド」

選手は、1日の消費エネルギーを運動によってかなり費やしています。不足エネルギーや栄養素を補える料理を提案していますが、ジュニア選手の心を満たす、お菓子の代わりになるようなメニューを考案するのも、管理栄養士の大切な仕事です。

管理栄養士・山口美佐