小学生は新体力テストが行われたと思います。握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20メートルシャトルラン、50メートル走、 立ち幅とび、ソフトボール投げ。結果はどうでしたか?

 一般的に神経系が発達する3~8歳をプレゴールデンエイジ期、神経系がほぼ完成する9~11歳をゴールデンエイジ期、筋肉や骨格が急速に成長する11~14歳をポストゴールデンエイジ期と呼びます。皆さんはこの時期、しっかり体を動かしてきましたか? 身長、体重とも年齢相応の成長曲線をたどっているでしょうか。

 選手をサポートしていると、「背が伸びない」「やせすぎていて太れない」「筋肉を増やしたい」という悩みをよく聞きます。練習やトレーニングはもちろん大切ですが、同様に大事なのが「食事」です。

 18歳以下の選手は、まず基本の身体を作りましょう。身長を伸ばすにはカルシウムをしっかりとり、カルシウムをよりよく吸収するためにマグネシウムをうまくとりましょう。

フレンチトースト感覚で食べらる「高野豆腐のクロックムッシュ」

 今回はカルシウム、マグネシウムに加え、鉄も多く含まれる高野豆腐を使った補食を紹介します。高野豆腐はアレンジが難しい食材ですが、この「高野豆腐のクロックムッシュ」はフレンチトースト感覚で食べられます。

管理栄養士・山口美佐