前回のコラム(「女子選手の減量とお母様のアンチエイジングに、母娘のための“美チカラ”レシピ」)でお話しした「美チカラ」。今回は、実際にテニスの女子選手がスリムに、きれいになりたいという気持ちからダイエットを始め、負の連鎖に陥った例を紹介します。

 最初、彼女は自己流のダイエットをして身体に負担をかけました。その結果、ホルモンのバランスを崩してイライラしたり、ストレスをためたりして、体調を崩しました。当然、試合でも思うような成績を出せなくなり、さらに食べることでストレスを発散するという「負のスパイラル」にはまり、私のところに相談に来たのです。

男子選手よりも長期計画

 選手とは信頼を築けるまで徹底的に話をするのが私の主義。その中で食生活の乱れが見えてくるので、それを正していきます。

 絶食すると体にどのような負担がかかるかといった基礎代謝の話、そしてテニス競技にどのように不利になるか、絶食の反動で甘い物のドカ食いになるといった話を繰り返します。また体重を落とすために、生理周期や試合日程を考慮してダイエットプランを立て、男子選手よりも長期で見ていくように伝えました。

 メニューとしては満腹感の出るもの、メンタル的に満たされるもの、選手の好きなものを念頭に入れ、カロリーを抑えながらも栄養価の高いものを提案しました。基本の6品を揃えるようにし、鉄やカルシウムが不足しないよう指導。少しずつ体質が改善するよう見ていきます。

 改善は試合のない期間にスタート。食事を整えたことにより、一時1キロ増えました。サポートは現在も継続中で、約2.5キロの減量に成功しています。

貧血予防のダイエットレシピ「美チカラパスタ」。主食ながら主菜、副菜も入った優れもの

 今回は、その彼女にも伝えた「美チカラ」をアップさせる食事として、貧血予防のダイエットレシピ「美チカラパスタ」を紹介します。主食でありながら、主菜、副菜も入った優れものです。

食事作る母も一緒にきれいに

 選手の食事をサポートしていると、支えるお母様も一緒に食事改善に取り組むことになるので「最近やせた? きれいになった、若返った、と言われた」といったこともよく聞きます。女性はいつでもきれいでいたいもの。娘さんの食事を作りながら、自然ときれいになれるとうれしいですよね。

 ポイントは「オリーブ油」。基礎代謝が下がる40歳代以降は、悪玉コレステロールを増やさないことが重要です。そのため、悪玉コレステロールを減らす働きを持つオリーブオイルや、血液をサラサラにしてくれるα-リノレン酸を含むエゴマ油や亜麻仁油を取り入れると良いでしょう。

 また、レモンに含まれるビタミンCは、肌の紫外線ダメージの素になるメラニンの生成を抑え、体のサビや酸化を減らしてくれる役割があります。

 アサリは、抗酸化作用のある亜鉛を含みます。亜鉛は骨を丈夫にし、神経に働き掛けて、精神を安定させる効果を持ちます。脳まで血液を循環させて頭の働きも良くしてくれますし、貧血予防、疲れにくくもしてくれます。タウリンは肝機能を活性させ、血圧上昇を防ぎます。

 栄養素と効果を意識して、母娘で一緒にきれいになりましょう。

【管理栄養士・山口美佐】