暑い夏が終わり、季節が変わっても、残暑が厳しいですね。しかし、このタイミングで体調をしっかりと整えておかなければ、特に秋からシーズンを迎えるアスリートは本番に差し支えます。夏バテやクーラー病など、私たちの身の回りには体調を崩す要因も多くありますが、寒い冬に風邪などひかずに元気で過ごすためにも、この時期が重要になってきます。

 コンディションを整えて、万全の体制でシーズンインするためには、規則正しい生活が大切です。食事面では、暑いからといって冷たいものばかり食べたり、飲んだりしてはいけません。頑張って食べた食事が、ちゃんと消化吸収されるためには、「消化酵素」をしっかりと活用できるカラダになることが重要です。

食べ物の消化をサポート

 私たちが体内に取り込んだ食べ物は、その栄養素をしっかり吸収させるために分解されなければなりません。その手助けをするのが、消化をサポートする消化酵素なのです。消化不良を起こす消化酵素の活性低下は、過度な運動でも起こる場合があります。

 消化酵素は多忙で、体内で作り出される酵素の働きだけに頼っていては、体に大きな負担をかけてしまうので、食事からも積極的に摂取しましょう。

納豆キムチ丼

 今回紹介するのは「納豆キムチ丼」。納豆やキムチは酵素が豊富に含まれているので、この時期にぴったりのレシピです。