受験真っ最中の方、お子さんやご家族が間もなく受験という方も多いのではないでしょうか?

 受験の時も試合の時も、真剣勝負なのは一緒。大一番で最も大切なのは、体調を整えること、今までやってきたことを最大限に発揮することです。

 「食べること」は、そのお手伝いが出来る方法の1つ。そして、その「食べること」で大切なのは、どのタイミングで、何を食べるかということです。

タイミング
 試験開始時間の少なくとも3時間前には食べ終える。消化吸収にかかる時間を考慮し、試験開始時に最も脳を働かせられるように逆算して食べる。

何を食べるか
 脳のエネルギー源は主に糖質(炭水化物)。糖質を中心とした消化のよいものをしっかり食べ、脳がフル回転できるようにする。

避けたいもの
 脂っこいものなどはNG。「試験に勝つ」という願掛けでトンカツなどを食べると、消化吸収の妨げになってしまいます。試験当日の朝は、脂っこいものは控えましょう。

 また、試験の休み時間などお腹がすいた時のために、補食・間食を準備することも忘れずに。試験で自分の実力を発揮できるよう、食事にも気を使ってみましょう。

バナナあずき練乳サンドウィッチ

 さて、今回のレシピは「バナナあずき練乳サンドイッチ」です。バナナ、あずき、パンには、練習や試験前に必要な糖質が含まれています。このサンドイッチは試験当日の朝や、間食、夜食にもぴったり。甘味があるので、ストレス軽減にも効果的です。