ジュニアに人気の高い野菜、枝豆。海外でも人気がうなぎ上りで、そのまま「Edamame」と呼ばれて愛されています。

さっとゆでるだけですぐ食べられ、とても手軽な上に、良質な植物性タンパク質が豊富でビタミン・ミネラル、食物繊維もたっぷり。優秀な食材のひとつです。

ゆでてそのまま食べることが多い枝豆ですが、冷凍も可能。普段の料理に気軽に使っていきたいですね。

モッツァレラチーズがとろりととろけて、肉と枝豆を一体化させてくれる「枝豆とチーズの豚肉ロール」

今回は、枝豆をチーズと一緒に巻く「枝豆とチーズの豚肉ロール」を紹介します。豚肉の薄切り肉で、ゆでた枝豆とモッツァレラチーズをくるんと巻いてフライパンで焼くだけ。とっても簡単な一品です。

小さな爆弾ボンベッテ

モッツァレラチーズがとろりととろけて、肉と枝豆を一体化させてくれます。イタリアでは、薄切り肉をくるんと巻いたこの料理を「ボンベッテ(小さな爆弾)」と呼びます。楽しいネーミングですよね。

豚肉も良質なタンパク質とビタミンが豊富な食材です。特に糖質の代謝を助けるビタミンB1が豊富で、牛肉の8~10倍も含まれています。糖質代謝が高まることで、疲労回復にもつながります。

もも肉の場合は蒸し煮に

また、豚肉に含まれる必須アミノ酸のロイシンは、基礎代謝を高め、筋肉の修復にも力を発揮してくれる優秀な栄養素です。今回は適度に脂があり、柔らかくて食べやすい肩ロ―スを使いましたが、脂肪分が気になる人はもも肉でも良いでしょう。その場合、焼き上げる時に硬くなりがちなので、全体を焼き付けたら酒を少し振り入れて、蓋をして蒸し煮するとより柔らかくなります。ぜひお試しください。

料理家・山内千夏