秋の味覚を代表する食材の1つ、キノコ。低カロリーで食物繊維が豊富なことは有名ですね。

それだけではなく、キノコは多糖類のβグルカンという成分を含んでいます。免疫機能に働きかけ、活性化させるので、風邪が気になるこれからの季節には有効です。また、ビタミンB群やビタミンD、ミネラルも含んでおり、体の調子を整えるにはぴったりの食材です。

キノコをおいしく調理するには、いくつかのポイントがあります。

<キノコをおいしく調理するポイント>

少し大きめにカットする…水分を多く含むので、加熱すると縮みます。食べやすいサイズだと思うより、少し大きめに切るとよいでしょう
加熱は高温で短時間…水分や栄養を逃がさないよう、高めの温度でさっと加熱する方が食感も損ないません
冷凍する…細胞壁が壊され、うまみ成分が出やすくなります。汁物や煮物におすすめです

低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な「キノコのマリネ」

今回は、数種のキノコを使って、さっと仕上げる「キノコのマリネ」を紹介します。フライパンで軽く炒めてマリネ液に漬け込むだけ。冷蔵庫に常備しておけば、副菜としてお肉や魚料理の付け合せにしたり、サラダやパスタに加えたりできます。

お弁当のおかずにもぴったり。酸味が苦手な場合は、酢の量を減らし、少しだけ砂糖を加えても良いでしょう。アレンジ万能レシピは冷蔵庫で4、5日保存できます。ぜひお役立て下さい。

料理家・山内千夏