夏休みも終わり、慌ただしい日常が戻ってきたことと思います。時間がないときに便利なのは、パスタを使った料理。パスタというと、麺をゆでてソースを作って…と、つい面倒に考えがちですが、パスタの国イタリアのお母さんたちは、実に手軽に作っています。

一皿で主食もおかずも揃えられる万能レシピ「カジキとナスのパスタ」

今回紹介するのは、お手軽料理の1つ「カジキとナスのパスタ」。食べやすいサイズに切ったカジキとナスをオリーブオイルで炒めるとベースが完成。麺をゆでている間にソースも出来上がります。一皿で主食もおかずも揃えられる万能レシピです。

ポイントは、ミニトマトをたっぷり使うこと。フライパンでその他の具と一緒に炒め、ふたをして少し蒸し焼きすると、トマトが柔らかくなってパスタに絡まりやすくなります。

カジキは、高タンパク・低脂肪なだけでなく、DHAが含まれ、カリウムやビタミンDも豊富。また、うま味成分グルタミン酸も含まれているので、同じくグルタミン酸が多いトマトと合わせると、味わい深いソースになります。

具を刻んで炒め、さっと麺を合わせる。焼きそばをつくるような感覚で、ぜひパスタも日頃のメニューに加えてください。

料理家・山内千夏