家族は食事でリカバリーサポート

選手が3項目を毎日チェックし、水分補給がうまくできるようになったら、家族は食事でリカバリーサポートをしましょう。今回紹介するのは、連日の練習や試合の疲労回復を促す「からだ喜ぶリカバリー弁当」です。

このお弁当のポイントは次の4つです。

ポイント1
エネルギー源の「糖質」代謝を促す「ビタミンB1」を多く含む豚肉、豆腐を使っている。この2つで、動物性と植物性のタンパク質がとれ、筋肉の修復にも役立つ。

ポイント2
ビタミンB1の吸収を助ける「アリシン」を含むタマネギ、ニラを組み合わせている。

ポイント3
抗酸化作用のあるビタミンCを多く含む柑橘類や緑黄色野菜でストレスの抵抗性を高めている。

ポイント4
おかずでも糖質(ジャガイモ)を摂取する。

からだ喜ぶリカバリー弁当」の推しの一品は「ドライカレー」です。ビタミンB1(豚肉)の吸収を促すアリシン(タマネギ)で糖質代謝を促進。子どもが喜ぶカレー味で食欲アップを狙います。

「からだ喜ぶリカバリー弁当」の推しの一品「ドライカレー」

水分をしっかり飛ばして作るので、冷蔵庫で5日間ほど保存でき、作り置きおかずとしてもバッチリ。ドライカレーをドリアやグラタン、サンドイッチにリメイクすると、目先が変わって選手が食べやすくなります。

献立に困ったときにもオススメです。ご家族の献立のお悩みも、選手の疲労と同時に解消しましょう。

【管理栄養士・松田幸子】