<にくいぜニンニク(2)>

前回作ったニンニクチップスを使った一品を。ニンニクチップスは、必ず最後に砕きながら散らします。食べる直前にしないと、熱でふやけてしまったり、汁けを吸ってしまったりしてカリッとした歯触りを楽しむことができなくなってしまうからです。

 

今日の一品はメイン料理にもなりますが、意外にいけるのが、汁ごとご飯にかけて「ガーリックシュリンプライス」にすること。

この季節、急に涼しくなったりして風邪をひき始める子供たちも多いはず。ニンニクの香りがついたエビでご飯が進めば、きっと風邪も吹き飛んで元気になりますよ。

次のページレシピはコチラ