2012~14年にかけて史上初の高校バレーボール6冠(2年連続でインターハイ&国体&全日本高校選手権=春高)を達成した星城(愛知)が、4年ぶりに春高に帰ってくる。男子日本代表のエース石川祐希(ミラノ)ら多くのトップ選手を輩出した名門は、県予選準決勝、決勝と2試合連続フルセットの末に勝利し、15回目の出場権を獲得した。

そんなチームを支える心強い存在が、昨季Vリーグで優勝に輝いたジェイテクトのセッターで高校6冠時のメンバー、中根聡太コーチ(24)だ。Vリーグ優勝を置き土産に突然の現役引退。今春から保健体育の教員として採用されて母校に戻ってきた。自身も指導を受けた名将・竹内裕幸監督(45)の右腕となり、日本一奪還を目指す。

練習後に笑顔を浮かべる星城の中根聡太コーチ(左)と竹内裕幸監督

アドバイスは端的で的確

春高開幕まであと3週間に迫った12月中旬、部員30人が練習に励む体育館は活気に満ちていた。「さー、行くぞ!」とひときわ大きな声を上げて仲間を鼓舞するのが、ミドルブロッカーの沢村世栄主将(3年)。昨年の男子U19(ユース)世界選手権代表の山崎真裕(3年)は、196センチの恵まれた体格を生かして重いスパイクを打ち込みエースの風格が漂う。

試合さながらの激しい練習が行われている星城(撮影・平山連)

練習をじっと見ていた中根コーチは、気が付いたことがあると部員を呼び止めて指摘した。「練習からそのボールを拾えないと、試合で起きたときどうするんだ?」「相手に的を絞らせないトスをしなきゃ」。アドバイスは端的で的確。明確な答えは出さず、あえてヒントを与える。選手の主体性を重んじる指導を経験し、コーチとなってもそれを受け継いでいる。

高校史上初の6冠王者輝く

11年、バレー界で今なお語り継がれるスター軍団が入学した。石川や武智洸史(JTサンダーズ広島)らは、公式戦99連勝と実に2年間負けなし。圧倒的な強さを誇り「奇跡の世代」と呼ばれ、史上初の2年連続で高校3冠を達成した。そんな世代の1人が中根教諭だ。身長173センチと小柄なセッターは、絶対的なエース石川の爆発力を引き出した。

2年連続の3冠を達成して喜ぶ星城の選手たち(2014年1月12日)

子どもの頃からバレーボールが大好きだった。ただ父からは「バレーでご飯を食べていくのは大変だよ」と諭され、自身も周りの選手と比べてサイズがなかったのでプロは難しいと思っていた。それでも生涯関わっていきたいという思いに変わりなかった。将来は指導者の道に進み選手育成で貢献したいと考え、中学生の頃から教員志望。高校卒業後は筑波大へ進学、そこでインカレ準優勝を2度手にした。実績を買われ地元ジェイテクトから誘いを受けた。選手としてもう少しチャレンジしたい思いが勝り、Vリーガーとなった。

2年目の18-19年シーズン、控えに回ることが多くなった。ベンチからも外れて試合を外から眺める日々。その頃、かねて指導者向きと見ていた竹内監督から「戻って来ないか?」という打診を受けた。星城に戻って一緒にオリンピックの舞台に立つ選手を育てよう-。恩師の言葉で覚悟が決まった。「セッターとして身長が小さく、高さが劣ることを感じていました。トスの能力などVリーグのレベルと比べ、自分の実力が足りないと思っていた」と振り返る。

Vリーグ初優勝を喜ぶジェイテクトの中根(左)と西田(2020年2月29日)

現役生活最後として臨んだ19-20年シーズンはレギュラーセッターとして活躍した。1本、1本のトスの細部にまでこだわり、納得のいくまで練習した。今や日本代表エースに成長した西田有志らの黒子として攻撃を演出した。20年2月29日、宿敵パナソニックとの優勝決定戦でフルセットの末、初優勝を勝ち取った。「初優勝で新たな歴史を作ることができ、有終の美を飾れて出来過ぎなくらいです」。一切の悔いなく、24歳にして第2の人生を歩み出した。

4年ぶりに春高バレーの舞台に帰ってくる星城(愛知)を支える沢村世栄主将(3年)(中央)

若くして指導者の道に進んだことについて、竹内監督は大きな期待を寄せる。「20代で指導者を始めることがいい理由は、たくさん失敗を経験できるからです。未熟でも失敗を糧に学んでいき、自分の理想の指導者像を見つけてほしい」。赴任前には部員たちを集め、OBがどんな決意で戻ってくるのか説明した。「まだまだこれからもバレーボール人生を楽しめたのに、優勝という最高のシナリオで引退を決めて星城に来る。Vリーグで活躍した先生から教われることほど貴重なことはありません」。各部員が重く受け止め、チームの士気は高まった。

次のページデータ指導を取り入れ、新たな取り組みで勝負への執着心を