陸上男子100メートルの桐生祥秀(24=日本生命)ら95年生まれのアスリート22人が笑顔を届けようと動画を制作し、公開した。

陸上桐生祥秀(2019年8月11日)

動画は歌手・桑田佳祐の「SMILE~晴れわたる空のように~」の曲に乗せて、約2分間。桐生から始まり、体操寺本明日香や競泳大橋悠依、卓球森薗政崇、バドミントン永原和可那、レスリング文田健一郎など13競技の日本を代表する同世代アスリートが一文字ずつ掲げながらつないでいき、全員で「私たちとともに明るい未来にしていこう」と22人で1つのメッセージを発信した。

左上から時計回りに体操寺本明日香、レスリング文田健一郎、競泳大橋悠依、卓球森薗政崇

桐生は自身のSNSで「スポーツで元気をもらう人や笑顔になる人がたくさんいると思っています。まず私たちが最高に元気で笑顔を発信していこう」とコメントした。

寺本は「私たちとともに乗り越えて頑張っていきましょう」と語り、永原も「まだまだ不安は続く日々。少しでも皆さんに元気を届けられたら」とコメントした。

(2020年5月26日、ニッカンスポーツ・コム掲載)