<EXPGダンスレッスン(48)>

最終回の第48回は、EXILEの代表曲「Rising Sun」のサビの振り付けの仕上げです。EXPG STUDIO TOKYO校長のATSUMI氏と、最後までしっかりと踊りましょう!!【取材=大友陽平、撮影=河田真司】

「Rising Sun」の振り付け最終回は、サビの後のアウトロ部分を学んでいきましょう!

写真1-4

まず、手は開いて下ろしながらグーの動きを右手(写真1→2)→左手(写真3→4)の順番で繰り返します。この時に左右にステップして、後ろ足も地面につくのですが、この時にリズムが止まってしまわないように、うまくひざを使って(バウンス)、上に伸びるように意識するとうまくいきます。この左右の動きを3セット行います。

写真5-9

次に両手を上にかざすように回して(写真5)、真横に押し出す形で左に向かってステップしたら(写真6)、再び両手を上にかざすように回して(写真7)、右側に戻ります(写真8)。そうしたら、両手を重ねるように後ろに右側(写真9)→左側(写真10)と3セット繰り返します。

写真10-17

右足を前に出して、右ひじに左のこぶしをつけます(写真11)。1回後ろに下がったら(写真12)、右手を頭の周りで回して(写真13→14)、右足を引っかけるように反時計回りにターンします(写真15)。ここまでの(写真1)~(写真15)の動きをもう1度繰り返します。

通常の「Rising Sun」では、最後はこの部分が流れながら終わりますが、今回はライブなどと同じ締めを再現しましょう。「<歌詞>Rising Sun」で反時計回りにターンしたら、合わせて右手を上に上げて完成です(写真16→17)。

「Rising Sun」は東日本大震災の復興支援ソングとして作られましたが、子どもたちに教える時も、大きく踊ることを意識しています。全体的にダイナミックに踊ってほしいですね。

この1年を通じて、EXPG STUDIOのインストラクターやGirls2のメンバーが、基本的なステップや、曲の振り付けをレッスンしてきました。これからもぜひ、ダンスを楽しんでいきましょう! 1年間、ありがとうございました!!(おわり)

※今回の動画はこちらから https://www.youtube.com/watch?v=orYSaoKfunA

◆ATSUMI(アツミ) 北海道出身。これまで07年のEXILEライブツアー「EVOLUTION」のバックダンサーや、メジャーリーグ開幕戦オープニングアクト、アーティストのサポートダンサーなどを経験。現在はEXPG STUDIO TOKYO校長としてスタジオ全般の運営を担当。

◆Rising Sun(ライジングサン) EXILEが11年9月、東日本大震災の復興支援チャリティーソングとして発表した楽曲。「ダンスの力で子どもたちを元気に」をテーマに、USA、TETSUYAを中心に東北の中学生に同曲の振り付けをレッスンする「中学生Rising Sun」プロジェクトも。先月25日のEXILEのライブでは、子どもたちのコーラスなどが入った「Rising Sun-2020-」がお披露目された。