先月から真夏のような日が続いていましたが、今週は一気に気温が下がり、天候が不安定になっています。体調不良になりやすい時期です。

体調不良になってから何を食べるのかを考えるのではなく、体調不良で練習を休むことがないよう、食事で予防をしたいもの。体調を崩すと思うように食べられないだけでなく、食べているつもりでも消化吸収能力が落ちることもあります。食べることで疲れを感じることもあるので、そういった悪循環に陥らないようにしたいところです。

使用するマヨネーズを控えめにして、「野菜を食べるソース」に仕立てた「ポークソテー卵ソース」

今回は、糖質をエネルギーに換える際に必要なビタミンB1を効率よく吸収し、1品で野菜もしっかりとれる「ポークソテー卵ソース」を紹介します。

豚肉のビタミンB1はニンニクやタマネギなどと一緒にとると効果的ですが、ニンニク自体にも免疫などに関与する栄養素がとれます。

タルタルソースを好きな選手は多いですが、マヨネーズはエネルギーが高いからと避けている選手もいます。そこで今回は、使用するマヨネーズを控えめにして、「野菜を食べるソース」に仕立てました。

タマネギやセロリは小さく切るとかさが減り、混ぜ合わせやすくなるため、フードプロセッサーなどを使っても時短になります。ただし、それらと卵や調味料を混ぜる際にかき混ぜすぎると、色が沈んでしまうので、軽く混ぜて肉にのせるようにすると、鮮やかな色合いとなります。

管理栄養士・川端理香