Jリーグが開幕しました。毎週1試合、もしくは2試合行う長いシーズンを良いコンディションで戦い抜くには、当然ながら日々の食事が大切です。

エネルギー摂取のために、試合前に糖質や脂質を多く摂って臨む選手もいますが、試合前後の移動などで、毎回必ず、必要な栄養素が十分にとれる食事ができるわけではありません。何を優先するかによって、そこで摂れないものも出てきます。

そういったことを考慮して、シーズンが始まる前に血液検査などを受けてもらい、「栄養素の貯金」をイメージして食事をしてもらうことがあります。

レバーのショウガ焼き丼

その時のメニューの1つとして使うのが、この「レバーのショウガ焼き丼」です。レバーはタンパク質や鉄、ビタミンA、ビタミンB群など栄養素がとにかく豊富。試合を重ねていくと貧血気味になりがちですが、血液検査で異常値が出ないように、食事でのフォローを考えたレシピです。

試合が重なり、コンディションが気になる時、合宿などでぜひお試しください。

管理栄養士・川端理香