スポーツをする子どもを持つ保護者向けの栄養セミナーで「最近のアスリートに人気のメニューは何だと思いますか?」とたずねると、「ハンバーグ」がよく上がります。

 子どもが好きで、よく作るメニューのようで、時々何のソースが好きか、合うかなど、話が大きくなりすぎて収集がつかなくなることもあるほどです(笑)。子どもが好きな食事の話をする保護者の顔は、本当にうれしそうで、見ているこちらまで笑顔になることもあります。

 さて今回は、そんな人気のハンバーグを納豆を使って作る「納豆ハンバーグ」を紹介します。納豆は冷蔵庫に常備する食材の1つでもあり、価格が安定していて安価なのも魅力的です。そのため、毎日食べている選手も多いのですが、量をたくさん食べたいときや、飽きがこないようにするために、たまにはこういった食べ方をしてはどうでしょうか。

子どもたちに人気のハンバーグをアレンジ「納豆ハンバーグ」

 納豆は、タンパク質やビタミンKなどの体の構成に欠かせない成分が豊富です。また食物繊維が多いので、体を強化したいとき、タンパク質ばかりを意識すると起こりやすい便秘の解消にも役立ちます。

 サポートしている選手には納豆好きが多いのですが、時々、食べられないという関西出身の選手もいます。独特のにおいが苦手のようですが、今回のように焼くとにおいが消えます。においが気になる場合は、ひきわり納豆を使うのもおすすめです。ぜひお試しください。

管理栄養士・川端理香