あけましておめでとうございます。

 新年に目標を再確認した選手も多いことでしょう。また、年末年始はサッカーやラグビーなどの選手権や駅伝など、普段見ることがない競技をテレビなどで観戦することもあるでしょう。

 駅伝で何人も選手を抜く、トップでゴールする、もしくは優勝カップを掲げる…勝利した選手の姿は本当に輝いて見えますが、そこに到達するまでの努力は想像以上のものがあります。優勝できるのは1チームのみ。努力しても勝てないチームがほとんどなのです。

「天才」も努力あればこそ

 しかし、あるプロ選手は「勝てなければ努力がまだ足りなかったということ」と言い切ります。食事も、自分の身体のためにできる努力です。

 練習量が多くなると食欲が落ちたり、食事すること自体が面倒になったりします。本当は体を作るためのタンパク質摂取が必要なのに、食べやすい麺類だけにしたくなることもあるでしょう。

 「努力を継続できる選手が本当に強い選手」。金メダルをとったある選手が言っていましたが、私もこれが全てだと思います。

 正直、持って生まれた能力はあります。それを「天才」と言うのだと思いますが、その力を磨き上げ、トップアスリートとしてどれだけ君臨できるかは、やはり努力次第なのだと思います。

 継続する努力。今年は食事でも意識してみてはいかがでしょうか。

タンパク質やビタミンB12が補給できる「カキ鍋」

 さて、今回紹介するのは「カキ鍋」です。具材によってアレンジしやすい鍋は、この時期のアスリートの食卓の定番の1つですが。「海のミルク」と言われるほどさまざまな栄養素を含むカキは、特に身体作りのタンパク質や、造血に関与するビタミンB12が補給できます。

【管理栄養士・川端理香】