今回は、高タンパク低脂肪で代表的な食材「冷凍シーフードミックス」を使ったレシピを紹介します。

海鮮と卵の中華炒め

 常備しておくと便利な冷凍シーフードミックスですが、魚介類の種類をチェックして選んでいますか? イカ、エビ、アサリ、タコ…これらが全て入っているわけではなく、メーカーによっては2種類だけのもの、そのうちの何種類かだけ、たくさん入っているものもあります。

内容によって栄養素も変わる

 入っている魚介類は全て、高タンパク低脂肪の食材ですが、イカやタコは疲労回復に効果のあるタウリンが多く含まれていますし、アサリは鉄が豊富といったように、栄養素も変わってきます。

 サポートしているトップアスリートの奥様たちは、内容量を見てから選んでいます。また中には、冷凍イカ、冷凍アサリなどをそれぞれ単品で購入し、コンディションによって「今日はアサリを多めに…」といったようにコントロールしています。

 これまで、あまり気にせず購入されていた方は、少し内容をチェックしてから選ぶと良いと思います。

 さて今回紹介する「海鮮と卵の中華炒め」は、体づくりのタンパク質はもちろんのこと、キクラゲを使って食物繊維とビタミンDがとれるようにしています。季節の変わり目に、コンディションを崩さないためのレシピになります。ぜひお試しください。