スポーツ選手の食事を作る際に、量をしっかりとらせたいと思い、つい買いすぎてしまうことはありませんか? 肉や魚などの場合は冷凍される方も多いでしょうが、納豆はどうでしょうか?

 納豆は冷凍できます。

 サポートしているプロ選手には、毎日豆製品をとらせるようにしているため、万一に備えて納豆を冷凍している選手もいるほどです。

 では、豆腐はどうでしょうか?

 よく豆腐は冷凍できない食材としてあげられますが、こちらも冷凍できます。

 冷凍した豆腐を解凍した時に、水分をしっかり切ることで肉のような食感(?)になるのです。また、水分がなくなると量が減るため、体づくりのタンパク質をコンパクトにとることができます。

冷凍豆腐入りウナギゴーヤー

 今回のレシピ「冷凍豆腐入りウナギゴーヤー」は、その冷凍豆腐を加えて作りました。肉を使っていませんが、結構満足感があります。タンパク質だけでなく、疲労回復のビタミンB1もとれます。

 ご飯がすすむレシピでもあり、ご飯と一緒に食べることで糖質のエネルギーが効率よく使われます。暑さは残りますが、もう夏も終わりです。冷凍豆腐で体をつくりながら、ゴーヤーやウナギで夏の終わりを感じてみてはどうでしょうか。