新学期が始まりました。選手たちは新しい学年、新しいチームなどで、気持ちも新たにスタートしていることでしょう。

気持ちを新たにしているのは、保護者の皆様も同じではないでしょうか。生活パターンが変わり、これからの生活が楽しみであると同時に、不安な方もいるのではないでしょうか。

進学とともに朝練が始まり、子どものために、苦手な早起きをしなければならなくなった方。学校給食が終わり、毎日のお弁当作りが始まった方。この2つが重なり、朝早く起きてお弁当を作らなければならなくなった方。駅や学校までの送迎が始まった方…。日常生活の中に、新しいことが加わった保護者の皆さまの様子が目に浮かぶようです。

周囲の協力仰ぎ、忙しいことも楽しみに

私も数年前、高校生の次女は朝練のため朝が早く、大学生の長女はアルバイトなどで帰宅が遅いと、全く異なった生活リズムの娘たちと過ごしていた時期があったことを思い出します。遅く帰ってきた長女を確認してから就寝し、真っ暗なうちに起きてお弁当を作る生活をしていました。

スポーツを頑張る子どもたちのことになると、忙しいことも楽しみの1つとなり、どうにか毎日を過ごしていたように思います。今振り返ると、多くのことを後回しにして、他の家族や周りの方々にたくさん協力してもらいながらの日々でした。

新学期で頑張りたいことがいっぱいの選手や、新しい目標に向かって頑張ろうとしている選手を、やさしく見守りながら、おいしくて元気になる食事と笑顔で、応援していきたいものです。

空いた時間に下準備、惣菜利用も

保護者の方も、新しい生活に慣れるまでは無理をせず、上手に楽をして食事を作ってみてはいかがでしょうか。忙しい時はお惣菜を買ってきてアレンジしても良いです。朝が早くなった方は、ご自身が出掛けるまでの時間ができたと思います。夕飯の野菜を切っておいたり、合わせ調味料を作っておいたりすると、忙しい夕飯時の手間を減らすこともできます。

時間のある時に冷凍しておいたスナップエンドウ

例えば、「厚揚げと春野菜の甘辛炒め」を作る場合も、キャベツや厚揚げを朝切ってしまい、保存袋に入れ、合わせ調味料も小さな容器に混ぜ合わせて冷蔵庫にスタンバイしておきます。スナップエンドウやアスパラガスなどの野菜は、時間のある時にゆでで、冷凍しておいたものを使うと便利です。

アスパラガスも切って保存袋に入れて冷凍

一生懸命食事の準備をすることは、とっても大切ですが、新しい環境で頑張っている選手は色々なことで悩んだり、逆に、うれしいことを伝えたかったりしています。コミュニケーションを密にして、楽しい時間を過ごすことが大切です。

次のページ春を告げる静岡の桜エビ漁