【質問】にゃくこ、47歳女性・東京都

スポーツ栄養において、コンニャクの扱いがよく分かりません。かつてはダイエット(減量)にいいと、部活の顧問に「コンニャクだけ食ってろ」と言われたものですが、栄養価的にはどうなんでしょうか。また、野菜なのか、イモ類なのか、区分けも今ひとつ分かりません。加工品ではないんでしょうか?

【回答】管理栄養士・田澤梓さん

コンニャクは100gで5kcalほどしかなく、食物繊維を多く含んでいるので、おっしゃる通り減量に向いている食品です。ただし、減量といっても除脂肪量まで落としてしまってはパフォーマンスも落ちてしまうので、主食、主菜、副菜、乳製品、果物を摂取しながら、コンニャクなどの低エネルギー食品を活用することが望ましいですね。

食品の分類は、使用用途により異なります。日本食品成分表では、コンニャクイモからできているため、イモ類に分類されています。