【質問】まみ、40歳女性・長野県

14才の息子(167cm、55kg、サッカー)は小さい頃から牛乳が好きで、水やお茶の代わりに1日1L以上飲んでいます。しかし、牛乳の飲みすぎはリンの取りすぎになり、骨を溶かして成長に影響するという記事を読みました。豆乳に代えてみましたが、「癖がある」と言って飲みません。料理に使ってもいますが、量もたかがしれています。身長も伸ばしたいし、悩みどころです。

【回答】管理栄養士・田澤梓さん

牛乳を1L以上飲むことで、体重や体脂肪が増えすぎないのであれば、問題ありません。リンは骨を溶かすのではなく、摂りすぎるとカルシウムの吸収を阻害するものです。牛乳以外の食品、特に加工食品に含まれますので、牛乳を飲むのをやめる必要はないと思います。

また豆乳は牛乳とは栄養素の組成が異なるため、鉄は含まれますが、カルシウムは含まれていません。豆乳を飲まれるのでしたら、別の料理でカルシウムの補給のできるものを取り入れてください。身長を伸ばすには、まずは運動量に見合ったエネルギー摂取が大切です。

豆腐白玉のいちごミルク