今回は鍋で、皆さんの冬場のコンディショニングを応援します。インフルエンザ予防にぴったりな栄養素がたっぷり入った「ゆずポン鍋」です。

旬野菜とフルーツがカギ

いつも元気な体をキープしておくには、バランスのとれた食事が一番。その中でも、抗酸化力のある「緑黄色野菜とフルーツ」が免疫力アップのカギとなります。

旬の食材の栄養価は高いので、冬場はミカン、ゆず、レモン、イチゴ、リンゴ、白菜、水菜、ホウレン草、ブロッコリーなどがオススメ。「ゆずポン鍋」では白菜、白ネギ、ニンジンを使用しました。

果汁より皮に多いビタミンC

ゆずの皮と唐辛子で作られた「ゆずコショウ」にもパワフルな抗酸化パワーがあります。ゆずやレモンの皮には果汁の2倍以上のビタミンCが入っていますし、唐辛子には発汗作用のあるカプサイシンが含まれ、体を芯から温めてくれます。

ゆずは海外でも注目され、様々な関連商品が売られている

ゆずポン鍋」以外にも、チキンやサーモンにペーストして焼いたり、みそ汁や豚汁、麺類に入れたり、色んな使い方が楽しめます。ゆずに含まれる爽やかな香り成分リモネンで、気分もリフレッシュできますよ。

疲労回復にゆず、ミカン

ゆずやミカンは海外でもたくさん売られています。

ゆずやミカンがたくさん置かれている海外のスーパー

ゆずの赤橙色色素のβカロテン、ミカンの橙色色素のβクリプトキサンチンは、細胞を活性化してくれるので、運動後の疲労回復をしっかりサポート。ミカンは持ち運びできて吸収も早いので、部活前後の補食にもバッチリです。

寒くなるこれからの季節、食事で体を温めながらエネルギーや栄養を摂って、日々の練習に励んでくださいね。 BOOST YOUR ENERGY!

元NFLチアリーダー・松崎美奈子