HOLA(こんにちは)!

 練習前のランチやお弁当で、皆さんはどんなメニューを食べていますか?

 今回紹介するのは、私がNFLチアリーダー時代、練習前のランチメニューとしてよく食べていたヘルシーなチア丼「ハッピーメキシカンボウル」です。

チアリーダーのヘルシーな身体作りにもぴったりな「ハッピーメキシカンボウル」

 このレシピの魅力は、何と言っても、肉、野菜、チーズとご飯が一度にたっぷりとれること。サラダでボリュームを出しているので、おなかも満足するのに重くなく、練習前にも適しています。さらにはワンプレートなので、食べるのも作るのも洗うのもお手軽です。

目的に合わせて肉を選ぼう

 肉は練習を乗り切る「パワー」の源であり、パフォーマンスに「力強さ」を生み出してくれることは、選手の皆さんなら体感しているはず。今回は、牛肉と豚肉を使用しましたが、その日の気分やコンディションに応じて、肉の種類や部位を変えてもいいでしょう。肉をひき肉にすると、沖縄発祥の「タコライス」になります。

 ちなみに私は、身体作りのために低脂肪高タンパク質の「鶏肉」を毎日食べていました。特に疲れている時はビタミンB1が豊富な「豚肉」を、試合前やチーム内のオーディション前には「牛肉」を選んでいました。

自分の好きな味付けで

 ソースもアレンジして、お好みの味付けにするのもいいですね。アメリカで主流のサルサソースやサワークリーム、アボガドソースのほか、タコスソース(ケチャップ、ウスターソース、カレー粉などを合わせたもの)とも相性抜群です。

 夏の過ごし方で、秋以降のパフォーマンスにも差がつきます。練習前のスペシャルメニューを活用しながら、暑い季節を乗り切り、最高のパフォーマンスを披露してくださいね。

 KEEP GOING !

元NFLチアリーダー・松崎美奈子